FC2ブログ

プロフィール

ねいちゃん

Author:ねいちゃん
FC2ブログへようこそ!
北国在住
H21年7月 左胸に早期乳がん発覚。
手術後、25回の放射線療法が終了し、抗ホルモン剤服用。
手術から2年後のH23年7月 検診で今度は右胸に乳がんが見つかり、8月に2度目の手術。前回と同じく25回の放射線治療後抗ホルモン剤服用中。
H30年10月 左胸にしこりを感じ、検診時伝える。
検査の結果浸潤性小葉がんと診断され、H30月12月 左胸全摘手術、両胸同時再建予定


参加しています


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


今日は6年生の参観日でした。小学校最後の参観日は「感謝の集い」がありました。

子どもたちが、先生、保護者に向けて、歌や器楽演奏を披露したり、入学からこれまでをスライドで振り返ったり、
一人ずつ親に向けて一言ずつ感謝の言葉を述べるなど、感動ポイントいっぱいの催しでした。


ほぼ全員の先生と事務の方、用務員の方、学校でお世話になった方みなさんも出席され、
先生方からは6年生に歌のプレゼントがありました。
生演奏と振り付きで、今日のために練習してくれたんですね。
思いを込めた素敵な演奏でした。


一人一言ずつのスピーチでは、スタンドマイクの前で自分の親に向けて気持ちを述べます。
子どもたちの中にも感極まって涙を見せる子が何人もいて、
ついつられて涙が出てしまいました。
「入学時は小さかったこどもが、こんなに成長したんだなあ」と、親が思うのと同じように、
こどもたち自身も、「親や先生たちのおかげで、こんなに大きくなれた、成長した」と感じている思いが伝わってきて、ぐっとこみ上げてくるものがありました。


うちの息子は泣きませんでしたが、緊張しいで泣き虫なのは自分でもわかっているので
涙が出る前に終わらせようとしたんでしょう、早口で
「辛いとき支えてくれて、ありがとうございました。」という短い一言でした。
気持ちは伝わったよ、息子。ありがとう。

とてもいい集いでした。


息子の学年は、今風に言えば草食系。独特の雰囲気がありました。
1年生から6年までに、今の6年生を担任に持った先生方に聞いた言葉。
授業態度がいい、手がかからない、のんびりしている、明るい、素直、男女仲がいい、ノリがいい、ちょっと幼いetc...
大きなトラブルもなく、こんな学年は珍しい、初めてだと言う先生もいました。

親同士も仲がよく、様々な活動も楽しく過ごしてこれました。
トラブルがなかった分、他の小学校からの生徒と一緒になる中学校でどうなるのか、正直心配もありますが。
草食系だからと言って、芯が弱い訳じゃない。何かあってもきっと乗り越えていける、と信じています。


終わりでもあり始まりでもある卒業式は18日。
当日はまた、人が泣くのにつられて泣いちゃいそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

■ 

ねいちゃんさんの文章読んでるだけで、うるっとくるよ。
卒業式、思いっきり泣いておいでよ!
小学校の6年間って、きっと濃厚だと思う。
体も心も、ぐっと大人に近づくよね~。
まだまだと思ってても、あっという間なんだろうなぁ。
ねいちゃんさんが息子くんをちゃんと見てるのも、伝わってきます。
私も見習わないと!

■ sai*さん♪

そうですね~。濃厚だったなあ、6年間。
一人目の子だから親も一緒にいろいろ勉強した気がします。まだまだ、だめだめな母親だけどね~(^^;
卒業式、がっつり泣いていいかな?
わたしこそ、いつもsai*さんの、お子さんに対する姿に見習わなきゃって思ってるよ!

■ 

今の6年生はみんな素直で優しくていい子たちですよね~
私はほんの少ししか一緒にいなかったけど
6年生の子たちが大好きでした!
そして、6年生のお母さんたちが大好きでした!!

何もわからない私に優しく教えてくれたり、
1人にならないように接してくれたり
気配り上手で。。。6年生が引退する時はホントに寂しかった
卒業となるともっと寂しくなっちゃいます

『感謝の集い』。。。私も泣いちゃいそうです(>_<。

■ Rillさん♪

Rillさんとこは来年だね。
「集い」は6年生が1ヶ月かけて準備してきたそうで、
とてもよいものでした。
先生たちの温かい気持ちもつたわってきたし。
来年もきっと泣けちゃうと思う^^

6年生は人数も多かったし、相談なんかもしやすかったんだよね。補い合えたところもあるし。
5年生以下の人たちも気持ちを受け止めてくれたから、お互い様だったと思う^^
新6年は少なくて大変だと思うけれど、Rillさんたちなら大丈夫!全員で協力し合っていけばいいよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://ribbonneichan.blog77.fc2.com/tb.php/426-a60478fa

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |