FC2ブログ

プロフィール

ねいちゃん

Author:ねいちゃん
FC2ブログへようこそ!
北国在住
H21年7月 左胸に早期乳がん発覚。
手術後、25回の放射線療法が終了し、抗ホルモン剤服用。
手術から2年後のH23年7月 検診で今度は右胸に乳がんが見つかり、8月に2度目の手術。前回と同じく25回の放射線治療後抗ホルモン剤服用中。
H30年10月 左胸にしこりを感じ、検診時伝える。
検査の結果浸潤性小葉がんと診断され、H30月12月 左胸全摘手術、両胸同時再建予定


参加しています


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


まとめ
11月12日(月)
形成外科受診。
再建について相談する。
帝王切開の大きな傷があるので、自家再建は可能なのか。
また、帝王切開の際、治りかけの傷から、お腹の中で溶ける糸が完全に溶けずに一部が飛び出てきた(異物に対する反応と思われる)経験があるため、インプラントでの再建は大丈夫か。
などを相談。

上半身、おへその下までの写真をいろんな角度から撮られました。顔は写ってないけど、自分のたるんだ体を写真で見ることなど初めてで、写真を見ながら説明を受けたのですが、醜さにげんなりしました(笑)

私のお腹の傷はかなり大きく、血管も分断されているため、自家組織での再建はリスクが大きいとの説明を受けました。(できないわけではない)
インプラントの方がリスクが小さく、体の負担も少ないということ。異物に対する影響はあらかじめ調べることができないのでなんとも言えないが滅多にないし、自家再建のリスクを考えるとインプラントを選んだ方がよさそうというお話でした。それでも自家再建を希望するならば、もちろん全力でやりますとおっしゃいました。
有り余るお腹の脂肪を使えないのは残念ですが、体への負担や入院日数も少ないインプラントにしようとほぼ気持ちは固まりました。
あとは左だけにするのか、右もするか。
右側も以前部分切除していて歪な形になってますが、異物に対する反応はやはり心配で、左だけでいいのでは…と考えていました。

11月16日(金)
乳腺外科の医師に左胸だけインプラントでの再建にしようと思うと伝えると、一番自然で多い選択なんじゃないかと思います、とおっしゃいました。
手術は12月13日に決まりました。
ただ、まだ手術まで間があるので、変更は可能ですとのお話もありました。

今まで飲んできたお薬をやめて、閉経後に処方される抗ホルモン剤に変更されました。

11月20日(火)
術前検査
心エコー、循環器内科で血管の詰まりがないかなどの検査。
患者支援センターで入院の説明や質問書類を受け取る。
保険組合に限度額適用認定証の申請に行く。


11月21日(水)
今回は医師から夫同席で、手術についての説明を受けました。
これまで私が受けてきた説明に加えて、決心を揺るがす説明が。
私は3回目のがんということで、右にもまたできる可能性がある。(小葉がんはもう片方にもできることが多いがんらしいです)よく分からないけどがんになりやすい体質ってこと?根拠はわからんけど。

インプラントにして乳腺を取ればそれはなくなり、ある程度左右の大きさも揃えられる。年齢が行くとインプラントでない方が垂れてバランスが悪くなる、などのお話を聞いて、もうすっかり左だけと決めていたのに、あっさりと「じゃ、両方インプラントで」と変更してしまいました😅一生懸命考えて決めたのになぁ。
異物に対する反応はやっぱり気になりますが、やってみないとわからないなら両方やろうか、てなもんです。

形成外科ではまた写真を撮り、両胸のサイズを測りました。大きさをどうするか聞かれました。私はもともと身長の割にやや大きめで、たまにからかわれて嫌な思いをしたこともありましたので、できれば今より小さめにしたいと言いました。

入院前に準備しておく、再建手術をした人用の下着や装着物の説明を受け、患者支援センターで入院中の細かい予定をもらいようやく終了。

書けばあっという間ですが、10時半の予約で、昼前に終わる予定が、2時半を回ってました。
説明だけだったので、支払った金額は220円。
お腹空きすぎて、遅いお昼ご飯をがっつり食べちゃいました。

後は、12月の手術1週間前ににもう一度胸のサイズを測るために形成外科へ。
その後いよいよ入院、手術です。
これまでの経過を記録しておこうと思います。

10月24日(水) 3か月ごとの定期検診。
この日にはCT検査があり、結果を画像を見ながら医師から「特に変わりなさそうですね」との言葉をもらったのですが、
このひと月ほど前から左胸に、右側とは触れごこちの違う塊を感じており、その事を医師に告げると、すぐ触診とエコーとなりました。
エコーの画像は過去2回の乳がんとは違っていて、判断はつかないので即細胞診となりました。
結果は月曜日9時に、電話で聞くことに。

10月29日(月)
9時になり、電話をしたところ医師より「悪性の疑いあり、マンモグラフィーと組織診をしましょう」とのこと。
CTでは分からなかったんだなー、言ってよかったと思いました。

11月5日(月)
マンモグラフィーをする。右側を先に検査。痛いけどなんとか耐えました。続いて左側。割と大きなしこりがあり自分でも押してみると少し痛みがあるので、その事を技師さんに伝えました。
技師さんも胸をはさむ時触れて「これですね、我慢できるところまでしますから言ってください」と言うので、覚悟してはさまれました😅徐々に潰されていくうちしこりのあるところに来ると、右とは比べ物にならない激痛が走り、「ヒッ!!痛いですっ!」と思わず声が出ました。そこではさむのを止めて、撮影までの数秒が辛かった。

その後、太い針を何度か刺して組織を採取する針生検。局所麻酔で行われました。麻酔をしているので痛くはないですが、針が入っていく感覚はなんとなくあり、ちょっと気持ち悪いのと、組織を採取する時の、器具の「バンッ」と言う音は少しドキッとしました。まあ、以前もしてるのでわかってはいたのですが。何度か刺して取るのですが、深い部分を採取する時は麻酔をしてても痛かったです。
この検査で腫瘍の種類が判断されます。

11月9日(金)
MRI検査を受ける。
その前に生検の結果を教えてもらいました。
浸潤性小葉癌。これが今回の腫瘍の名前です。前の2回の乳がんは、お乳が通る乳管にできる乳管がんでしたが、小葉癌はお乳を作る部分にできるがんだそうです。
前のがんの再発ではなく、原発のがんというのは不幸中の幸いなんでしょうか?一人で3回がんになる時点でどん底の気もしますが(笑)
今回の手術では、左胸は全摘となると説明を受けました。同時再建もできるため、どうするか決めないとなりません。
同時再建するかしないか。するなら自家組織かインプラントか。インプラントなら左胸だけか両胸するか。
いきなり考えることいっぱいです。
MRI検査を受けている数十分間で、同時再建はしようと考え至りました。
再建を決めた時点で形成外科にもかかることになるので、次回は形成外科の先生に自家組織の再建ができるかどうかの相談をすることになりました。


いつもはあとりぼんるーむをご覧いただきありがとうございます。


オーダー再開をお待ちくださっているみなさまへ

10月中に受注再開を目指して準備中でしたが、体に不調が見つかり、検査、治療が始まる事となり、再開ができなくなりました。

楽しみにお待ちくださっていた方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

11月からは治療に専念して、復帰を目指したいと思っております。

11月1.2.3日は雑貨屋さんrincshe (リンシェ)さんのりんりん祭りに参加させていただきます。
公の活動はこちらが最後になります。
ぜひお越しくださいね。


写真暗くてごめんなさい🙇‍♂️
ちょつぴり秋田犬似の柴ちゃん。
17才まで、高齢の飼い主さんに寄り添いました。

2018/9柴犬




オーダー受注をしばらくお休みさせていただきます。

再開は未定です。

制作は続けておりますので、インスタグラムは更新してまいります。

よろしくお願いいたします。

 | BLOG TOP |  NEXT»»